残業時間は何時間か、残業代はでるかどうか

長距離や中距離のドライバーは残業時間が長くなりやすい

ドライバー求人に応募をする前には、興味がある運送会社のウェブサイトや求職者用のパンフレットなどを使って、一か月の平均的な残業時間について確認を取ることが重要です。

一般的に、長距離や中距離など全国各地が営業エリアのドライバーは、連休や夏休み期間中などの繁忙期を中心に残業時間が長くなる傾向が見られるため、身体に負担が掛からないかどうか慎重に検討をしましょう。

最近では、入社後の残業時間に関するトラブルを防ぐため、具体的な残業の事情について面接中に求職者に説明をしている運送会社も多くあります。そのため、少しでもプライベートの時間を大切にしたい人は、なるべく定時に仕事を終えられる会社を探してみましょう。

志望企業の残業代の仕組みについて正しく理解しよう

運送会社でドライバーの仕事に就くにあたり、残業時間に応じて支払われる手当の仕組みについてきちんと理解をすることが重要です。

たとえば、複雑な勤務体系が採用されている運送会社においては、労働時間や待機時間、残業時間などが分かりづらくなっているところもあるため、求人票や公式ホームページを使って必要な情報を集めることが大事です。

また、経営が安定している運送会社の中には、ドライバーの定着率を高めたり、仕事への意欲を高めたりできるよう、残業手当の金額を高く設定しているところもあります。

そのため、ドライバーとして収入アップしたい人は、残業手当がしっかりと支払われる運送会社の求人の有無を日ごろから調べておくのがおすすめです。

運転手の求人と一括りにしても、運転手のお仕事は多種多様にあります。敷居の低いドライバー求人や特殊免許が必要な運転手求人などがあります。